なないろの里こども園

HOME | なないろの里こども園

園長ごあいさつ

仙台市地下鉄「六丁の目駅」1.4㎞徒歩17分の立地で、土地区画整理事業が進み、都市の賑わいと利便性・自然の潤いと心地良さが調和している町にあります。
広々としたテラスに囲まれた南向きの保育室を配置した明るい保育園、そして2階にランチルームに転用できる広々としたいつでも子ども達が遊べる遊戯室があります。
そこには、常設コーナーが配置できる空間が、ロフト部分に図書コーナーを配置した室内遊具を設置しました。また、近くには自然豊かで四季を感じられる植栽、遊具がたくさんある街区公園があります。
ぜひ、遊びに来てください。
 

園長 大木

 

運営理念

保育の質を高め、子どもと保育を必要とする父母の立場に立って安心・安全・安定した保育を提供する。
そのことにより地域に本当にもとめられる施設、地域になくてはならない存在として地域から愛され、地域社会に貢献できる施設を目指す。

運営方針

★職員が楽しく働けること 

子どもと楽しく関わっていく職員の成長は、保育の質を高めることにつながる。 

一人ひとりの意見を大切にする 

子ども、その父母、職員、地域住民、関係先の協力を基礎に意見を保育に反映していく。
このことは保育の質 を高めることにつながる。 

★安全性・信頼性を高める 

安心して頼られる、信頼され頼られる存在になるように計画的に保育内容、安全管理を実施、評価、改善していく。
その保育の計画が循環することによって保育の質を高めることにつながる。 

保育方針

☆様々な経験を通して社会性の芽生えを育てる 

保育者を媒体とした子ども同士の関わり合いの中で、集中して遊び込が出来る環境をつくる。
そして楽しみながら季節ごとの日本の伝承表現文化に触れ礼儀やきまりを学び心豊かな子どもを育てる。 

☆自主自立を育てる 

心身緒安全と健康を保ち、基礎的生活習慣の形成を中心として子どもの気づきや、やろうとする気持ちを大切に見守る。
その中で遊びを発展させながら自分で考え自分で行動する喜びを育てる。 

☆個性・発達段階を的確に捉える 

一人ひとりの子どもの心に寄り添い、それぞれの発達の場面で自分らしさを発揮できるように援助する。 

☆保護者との信頼関係をつくる 

子どもを保護者と共に育てることを基本にして安定した親子関係を保つことができるように援助する。 

保育目標

様々な体験を通して、たくましく、心豊かな子どもを育てる 

  • よく遊び思いやりのある子ども
  • 日本の伝統や礼儀を知る子ども
  • 自分で考え行動できる子ども
  • 元気で丈夫な子ども

子育て支援《令和4年度》

園について

保育時間

平日

通常保育 7:15 ~ 18:15

延長保育 18:15 ~ 19:15

土曜日

通常保育 7:15 ~ 18:15

クラス編成

ひよこ組

(0歳児)6名

りす組

(1歳児)9名

こあら組

(2歳児)9名

うさぎ組

(3歳児)14名

くま組

(4歳児)14名

きりん組

(5歳児)14名

 職員構成

園長

1名

主幹保育士

1名

主任保育士

1名

保育士

13名

栄養士

2名

事務員

1名

調理師

1名

看護師

1名

嘱託医師

2名(小児科1/歯科1)

園舎

外観

外観

園庭

保育室

遊技スペース

保育室 りす

保育室 ひよこ

ロフト

厨房

トイレ

アクセス

所在地

〒984-0011
仙台市若林区なないろの里2丁目12-1

交通

仙台市地下鉄東西線 六丁の目駅徒歩15分

ある日のスナップ

p1010001.jpg p1010123.jpg p1010017.jpg img013.jpg img014.jpg